2008年12月04日

ニュースを見てたら・・・

今朝のニュースで、日本IBM社の正社員リストラの話があっていました。
数日前には卒業予定者の内定取り消しの話題も・・・。
私の学生時代(ずいぶん前だが)も就職は厳しく、なかなか内定がもらえない状況ではあったけど、内定の取消しまではなかったな。

日本の企業は終身雇用で一度決まってしまえばあとは定年まで職にあぶれる心配はない、と言われていたのに・・・。ホント、明日のわが身もどうなる事か・・という感じですね。

こうなると、いよいよ日本版サブプライムローンもかなり現実味と深刻さを増してきます。
20年、30年の長期ローンを抱えた状態で急にリストラにあったら・・・どう頑張っても返済は無理です。ローン返済どころか毎日の生活費さえも大変になります。物価も上がってるし。
そしたら貸す方もすぐに「はい、25年ローンを」とは言えなくなってくる。貸しても金利どころか元本すら戻せなくなる可能性が高いんだから。そうして貸し渋りが蔓延する。もう悪循環です。
こうなると、やっぱり前回の話ではないけど、宝くじが当たったら一括で住宅購入!ってことになるんでしょうね。

調査会社のアンケート調査によると、住宅や不動産に関して、「自分の家がほしい」(39.0%)と「できれば自分の家がほしい」(44.1%)と回答した人が全体の8割以上を占めたというのです(オールアバウトとNTTレゾナント調べ)。ここで気になるのは年代別のデータで、調査は25歳〜44歳を対象に行われていますが、一番「自分の家が欲しい」または「できれば自分の家が欲しい」と持家を希望しているのが25歳〜29歳だということ。

最近の若者は景気がいい時代を経験していない。だから安定や安心感を求める傾向にあるのかもしれません。
【関連する記事】
posted by haruaki at 09:47| Comment(41) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

不動産の価値

最近、マンションの販売価格が軒並み下がっています。
私の自宅の近くでも新築の分譲マンションが売り出されましたが、先日広告が入っていて、最高で「705万円ダウン!」の記載がありました。

やっぱり売れないんでしょうね。いくら値下がりしたとはいえ高額の買い物。こうも景気が悪いと収入の増額はなかなか見込めない。それどころか給与カット、ボーナスカットで住宅ローンの支払いができなくなることの方が多いようです。アメリカほどではないけど、日本でもたまに「サブプライムローン」問題のニュースを目にします。
もうそこまでして住宅を購入しなくてもいいんじゃないかと思います。住宅の財産価値も昔のように確実なものでは全くなくなってきてるしな・・・

でも、先日発売になった年末ジャンボ宝くじ。発売初日に売り場前レポートをしてました。購入者に「もし当たったら?」とお決まりの質問をしていましたが、やっぱり何人かは「土地買って家買って・・・」と言ってました。
やっぱり不動産なんだ!と改めて思いました。まあ、この時代、証券や国債なんかも対して信用ならないから財産になるかと言われれば疑問だからね。やっぱりローンもなく住宅が買えるんだったらとりあえず生活の不安はひとつなくなるのかもしれませんね。
posted by haruaki at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。